結婚披露宴 挨拶 主賓 来賓 安心感のスピーチレター 上司 友人 新郎父 新郎

結婚スピーチのまとめ方、ウエディング スピーチレター

6 赤い糸

田中二郎君、佐藤和江さん、ご結婚おめでとうございます。
本日はこのようなおめでたい席にお招きいただきまして、まことにありがとうございます。
 
お二人の幸せそうな様子を拝見していますと、夫婦っていいもんだなぁとつくづく思います。二郎君は、たくさんの女性の中から和江さんを選ばれたのですね、そして和江さんも多くの男性の中から二郎君を選ばれた。
 
結婚というものには、何か不思議な力が働いているように思えます。昔から”袖触れ合うも他生の縁”と申します。たくさんの人がいる中で、着物の袖が触れ合う人との縁は、単なる偶然ではなくて、この世で出会う前の世からの縁なのだという諺です。
 
二郎君と和江さんは、袖が触れ合うどころか、結婚をしたわけですから、よくよく深い絆でつながっているのでしょう。きっとこの絆が赤い糸なんですね。
 
前世からの赤い糸でもって結ばれたのでしょう。でも中には折角の赤い糸を途中で失くしちゃう人がいます。それぞれ事情があるのでしょうが、二郎君と和江さんは終世、いつまでも赤い糸で結ばれていると確信しています。
 
糸は紡げば紡ぐほど強く丈夫になります。どうかお二人の結婚生活も、ますます絆を深めて、強い結びの糸にしていって下さい。私からのお願いです。
 
お二人の末永い幸を祝って、私の挨拶とさせていただきます。本当におめでとうございます。

 

NEXT

目次へ

 

投稿日:2018年2月7日 更新日:

執筆者:

ウエディング スピーチレター

 

ウエディング スピーチレター
★あなたは、挨拶の内容を書いたものを手に持っているだけで、どれだけ安心が得られるか考えたことありますか?

 

Profile

    • カテゴリーなし