結婚披露宴 挨拶 主賓 来賓 安心感のスピーチレター 上司 友人 新郎父 新郎

結婚スピーチのまとめ方、ウエディング スピーチレター

13 女は大根やサンマとは違う!

佐藤愛子 (作家)

女は独身でいるよりも、たとえ失敗しても結婚した方がいいのではないでしょうか。
忍耐だけで成立っている結婚生活をしているよりは、別れた方がよいとも思いますが、別れて一人で無理な頑張りようをしているよりは再婚した方がよいと思います。
 
ものごとに<こりた>などという考えはよくない考えですね。自分はこうだからダメだときめつけてしまう考え方も、よくない考えですね。私は近頃、そう思うようになりました。
 
それはあるいは私自身が再婚したことによって成長した一面といえるかも知れませんが・・・・。再婚したからといって、今度失敗したら、もうおしまいだ、などとビクビクする必要は少しもないでしょう。
再婚に失敗すれば三度目をやればよい。三度目に失敗すれば四度目をやればよい。三度目以上の結婚者は胸に勲章をぶら下げることにしてはどうでしょうか。
 
 
女にとって輝かしい新しい時代が来たといわれ、何かというと女は強くなったと男性からいわれ、おだてられたり、からかわれたり、イヤミをいわれたり、欺かれたりしているようであるが、靴下なんぞにくらべて強くなったと得意になっていてはならないと思います。
われわれ女性はまだ真の意味で男性から独立してはいないのではないでしょうか。
 
女は現実生活の中でやたらに強がっているだけで、まだまだその精神は男に依存していると思います。女の離婚や再婚に対して一般女性の考え方が批判的であるのは、男性によりかかった価値基準で結婚ということ、女というものをみているからではないでしょうか。
 
男たちは一度結婚した女を古モノという観念で見ますし、男の目で物ごとを見ることに馴らされた女たちは、自分で自分を古モノだと思って自信をなくしているんですね。女の離婚者が古モノなら、男のそれも古モノである筈ですが、女の古モノだけが値が下がり、男の古モノは下がらないのはどういうわけでしょうか。
まるで女というものには若さや新しさ、肉体的な純潔だけにしか値打ちがないようですが、女は大根やサンマとは違うんです。
 
私は古モノでありながら、新(さら)モノの男と結婚し、うまいことをした、とよくいわれます。が、いったい何がうまいことなのか、さっぱりわかりません。うまいことをしたのは私より夫の方であったかも知れないとさえ思っているほどです。といいますのは、一度結婚した女というものは、未経験者より男性に対する認識を深めているということがいえるからなんです。
 
亭主とは夜遅く帰ってくるもの、しかしそうだからといって女房を忘れているわけではないこと、会社と家庭の中間で、自分ひとりの時間を持ちたがっているもの、一見強けれども心弱く、悪がっていてもおおむね好人物であるなど・・・。
こうした認識を深めている古モノ女房は、新(さら)女房よりははるかに寛大でものわかりがいい筈です。ケンカをするにせよ、仲直りをするにせよ、話が早いんじゃないでしょうか。
 
まあ再婚者も、少なくともそれくらいの自信を持って進みたいものだと思います。要するに女は常に女自身で生きることです。いろんな既成の観念にも煩わされず、女自身の考えで行為することです。女はもっとつ強くならなければならないと思います。しかし、それは男に対してではなく、女自身に対してなのですが・・・・。

「ここ一番役立つ有名人・名スピーチ集」 より

NEXT

目次へ

 

投稿日:2018年2月7日 更新日:

執筆者:

ウエディング スピーチレター

 

ウエディング スピーチレター
★あなたは、挨拶の内容を書いたものを手に持っているだけで、どれだけ安心が得られるか考えたことありますか?

 

Profile

    • カテゴリーなし