*

5 他人が見ても楽しい家庭を


田実 渉 (三菱銀行元頭取)

さきほどから幸せそうな若い二人をながめながら、私は遠い昔のある光景を思い浮かべておりました。それは、私たちが結婚して間もない頃だったと思いますが、その大阪の新居を私の父が訪ねて来ましたので、ひとつ奈良でも案内してやろうと出かけたことがありました。四月のはじめでした。
 

スポンサーリンク



三人で、奈良の公園を歩いていますと、品のいい老夫婦に出くわしました。お二人とも和服姿で、赤毛氈の上におじいさんは背すじをピンとのばして、おばあさんはやや大きめの信玄袋を持って相対するように座っておられました。
そして、おばあさんはその信玄袋から、簡単なつまみをとり出すと、おじいさんの前に並べてお酌の手を差し出されたのです。桜の頃だというのに、人も少なく、とてもいい風情でした。
 
それを見て私は家内に、「年をとったらああいうふうになろうね」と言ったことも覚えています。
 
結局、人間の幸せというのは、自分も楽しむと同時に、見ている人にも楽しんでもらう。つまり、双方が一緒に楽しむということでなければ、本当の幸せとはいえないのではないでしょうか。あたかも鳥のさえずるがごとく、あるいは美しい花の咲き乱れるがごとく、自分も楽しみ、しかも、見るひとも楽しむのが、本当の幸せだということになります。
 
ですから、この佳き日におおぜいの皆さんに祝福されて、こうして出発する若い夫婦も、なにはさておいてもまず、自分の家庭を楽しくすると同時に、ゆくゆくは他人が見ても楽しいと思うような家庭をつくるよう心がけて欲しいと思います。

「ここ一番役立つ有名人・名スピーチ集」 より

NEXT

目次へ

 

201802ad

<script type=”text/javascript”>
google_ad_client = “ca-pub-2678395343119403”;
google_ad_slot = “9538215343”;
google_ad_width = 336;
google_ad_height = 280;
</script>
<!– 2018-2 –>
<script type=”text/javascript”
src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js”>
</script>


公開日:
最終更新日:2018/08/17

201802ad

<script type=”text/javascript”>
google_ad_client = “ca-pub-2678395343119403”;
google_ad_slot = “9538215343”;
google_ad_width = 336;
google_ad_height = 280;
</script>
<!– 2018-2 –>
<script type=”text/javascript”
src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js”>
</script>

記事はありませんでした

→もっと見る

      • カテゴリーなし
    PAGE TOP ↑