結婚披露宴 挨拶 主賓 来賓 安心感のスピーチレター 上司 友人 新郎父 新郎

結婚スピーチのまとめ方、ウエディング スピーチレター

2 お説教はいたしません

俵 萌子 (評論家)

おめでとうございます。・・と申し上げましたが、ほんとうは、私、結婚がおめでたいのか、おめでたくないのか、まだよくわかっていないのです。
 
むしろ、これからはじまるであろう、お二人の努力と忍耐の生活を考えますと、大変だなという気持が先立ちます。いや、だからこそ、私たちは「おめでとう」ということばで、若いお二人のスタートを景気づけるのかも知れません。
 
結婚のむずかしさは、お手本がない・・というところにあると思います。
どんなに家庭円満の秘訣を、先輩から教えてもらったところで、それがそのまま自分たちの役に立つということはありません。
亭主関白がいいの、かかあ天下がいいのと申しましても、関白に向かない性格の男もいれば、かかあ天下を不幸だと思う女性もいる。夫のかげにかくれてしあわせだと思う妻もいれば、自分の人生を主体的に生きなければ不幸だと思う女性もいます。
 
むしろ結婚の不幸の原因は、先輩たちのいいぐさを真に受けて、結婚とはかくあらねばならぬと思い込むことから起こることが多いのです。それよりは、自分自身、そして相手を、よく知ることこそ大切だと思います。新婚の一、二年は、一時的な情熱に幻惑されて、自分自身も相手も見失うことができますが、そう長く、幻惑状態がつづいてくれるものではありません。なにしろ、最近の結婚生活は、長いのです。昔、日本人の結婚生活は、平均してわずか二十年とちょっとでした。いまは倍増して四十年余りです。
 
どんなに忍耐強い人でも、四十何年も、自分を欺いては生きていけません。もし結婚生活をしあわせに、そして長持ちさせようと思えば、自分と相手を、いかにして伸び伸びと、欺かずに生かしていくかということを考えるべきでしょう。
 
それには、自分と相手をよく知り、それにあわせた調和の方法を発見することだと思います。その結果が、夫唱婦随であろうと、共働きであろうと、内助の功であろうと、何だってかまわないと思います。ミニスカートであろうと、パンタロンであろうと、ホットパンツであろうと、自分にとって、それが似合い、快適であれば、何でもいいのと同じことです。
 
私は、夫婦は一心同体だなどというマヤカシを信じません。二心二体の夫婦を、二心二体のまま、どう調和させていくかということこそ、結婚のむずかしさであり、同時におもしろさでもあると思います。
 
以上は、結婚についての、私の感想であり、心がけでございます。お説教ではございません。念のため。それでは、ご健康とご幸福を祈ります。

「ここ一番役立つ有名人・名スピーチ集」 より

NEXT

目次へ

 

投稿日:2018年2月7日 更新日:

執筆者:

ウエディング スピーチレター

 

ウエディング スピーチレター
★あなたは、挨拶の内容を書いたものを手に持っているだけで、どれだけ安心が得られるか考えたことありますか?

 

Profile

    • カテゴリーなし