結婚披露宴 挨拶 主賓 来賓 安心感のスピーチレター 上司 友人 新郎父 新郎

結婚スピーチのまとめ方、ウエディング スピーチレター

9 夫婦仲が悪化する原因

結婚生活がしだいにしっくりいかなくなる原因の一つは、相手をとがめるようになるからではないかと思います。
 
結婚生活も落ち着き、お互いに遠慮のいらない人間関係が出来上がってきますと、相手の欠点が気になりだします。
夫婦は愛しあっていますし、遠慮のない間柄ですから相手を良くしたいという思いから、相手の欠点を言います。やさしい言い方ならまだしもとがめる口調で言ったりします。これが人を一番不愉快にさせる元です。
 
自分の欠点は言われなくても自分が一番知っていますから、言われるとひどく気になります。人間は人から自分の欠点をとがめられることを非常に嫌います。ましてや自分の好きな人には欠点に触れてもらいたくありません。
 
ですが夫婦ですと良くしてあげたいという妙な正義感で遠慮会釈なくとがめたりします。しかしこれは全くの無知な態度です。逆に自分の欠点をとがめられてうれしく治せるでしょうか。
こうした相手の欠点をとがめるという行為は、結婚生活を破綻させかねません。
 
夫婦は「補足の原理」で結ばれていると言われています。男性にも女性にも完璧な人はいないわけですから、みなそれぞれに不完全を抱えています。夫婦はお互いにその不完全なところを補い合う「補足の原理」が作用する関係です。
 
気の短い者同士が夫婦であるより、片方がおっとりした人であった方が万事うまく運びます。二人とも細かいところまで気がつくタイプでしたらまわりの者はとても住みにくくなります。
 
相手の欠点にとらわれて、美点を見落としたりしていますと、とっても大切な二人の仲を失いかねません。
愚かなことです。欠点1に対して美点2を表現するようにすれば結婚生活が悪化することはないでしょうに。私への自戒をこめて。

 

NEXT

目次へ

 

投稿日:2018年2月8日 更新日:

執筆者:

ウエディング スピーチレター

 

ウエディング スピーチレター
★あなたは、挨拶の内容を書いたものを手に持っているだけで、どれだけ安心が得られるか考えたことありますか?

 

Profile

    • カテゴリーなし