*

33 結婚生活の悩み2 (潔癖な性)

結婚生活の悩みの一つに、夫婦の性生活が調和しないという問題があります。
人はみな育った家庭環境や、性格、精神生活が異なりますので、微妙な心が働く性生活では完全に一致するほうが難しいのです。
 
性行為は肉体的な行為だと思っている方が多いかも知れませんが、あれはまぎれもなく精神的行為が主です。嫌なときには、その気になりませんし、ひどい扱いで行為を受けた場合など、とても大きな傷を心に負います。
 
夫婦と言えども、性行為のときには、悦びや感謝、親密さといった素敵な心情だけではありません。屈辱、忍耐、犠牲、義務、嫌悪感、強要、抵抗といった複雑な心理が入り混じっている場合も少なくありません。そこに性生活の悩みが現われます。
 
その中のひとつに、性に対する潔癖感が二人の性生活に完全な悦びをもたらさないこともあります。
 
正しい性の知識が無かったり、逆に肉体的、動物的な行為を映像や画像で見たりすると、人は興味の反面で嫌悪感をも感じます。例えばフェラチオやクニリングスなども行為としてはとても美しくすばらしい行為とは言えません。こうした行為に嫌悪感を持つ女性がいるのは当然と言えます。
 
結婚生活は健全でなければと思う人こそ、性生活にも潔癖を求め、悩み苦しみます。
 
性生活に潔癖を求めるのは、思い込みに過ぎません。夫婦だからこそ全てが許されるのです。パートナーへの献身とサービス、これも愛情の表現のひとつなのです。
 
人にとって大切なのは、見掛けのきれいさよりも、時にはありのままの感情で生きることです。性に対しては全ての人が、欲望や衝動、性的コンプレックスなど複雑な感情を抱えていて、時としてこれらが健全な人生へのブレーキにさえなります。
 
夫婦で行われるフェラチオやクニリングスなども、抑圧からの開放、すべてを与え合う交流として捉える必要があります。夫婦には全てが許されるのです

 

NEXT

目次へ

 

201802ad

<script type=”text/javascript”>
google_ad_client = “ca-pub-2678395343119403”;
google_ad_slot = “9538215343”;
google_ad_width = 336;
google_ad_height = 280;
</script>
<!– 2018-2 –>
<script type=”text/javascript”
src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js”>
</script>


公開日:

201802ad

<script type=”text/javascript”>
google_ad_client = “ca-pub-2678395343119403”;
google_ad_slot = “9538215343”;
google_ad_width = 336;
google_ad_height = 280;
</script>
<!– 2018-2 –>
<script type=”text/javascript”
src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js”>
</script>

記事はありませんでした

→もっと見る

      • カテゴリーなし
    PAGE TOP ↑