*

26 「普通の愛」と「意識的な愛」 結婚生活

結婚生活を生涯を通して平穏であったという人はごく稀でしょう。またそうした平穏だけの結婚生活からは、逆に深い愛の実感や悦びを感じるということも少ないでしょう。
 
多くの人の結婚生活は多難と混乱を伴い、苦悩と波乱の中を生きることになります。はたから見ると仲の良い幸せそうなカップルであっても、人知れずの葛藤があるものです。
 
夫婦ですから根底に愛がある限り、さまざまな葛藤を乗り切りそれなりに充実した生活を創っていきますが、なかには夫婦不調和に苦悩し、どうにもならない破局を迎えるカップルもいます。
 
夫婦における愛は、意識の深くから生じてくるものなのですが、実際の生活では、相手への好き嫌いの感情や善悪で感じたものなど、五感で感じた部分を愛だと意識しています。
これが普通の愛であり、惰性の愛なのです。
 
 
ある例なのですが、夫の偏屈な態度で夫婦関係はいつも不調和でした。ある時、夫が妻のふとんを庭に放り出し「出て行け」と怒鳴ったそうです。その夜一晩中、庭でふとんにくるまり眠れない夜を過ごしていたら、いろいろな今までの結婚生活が頭をめぐったそうです。ふと、会社における夫の苦しい立場が思い出され「あぁ、夫は苦しかったんだ」、と今まで自分の辛さしか考えていなかった自分を反省したそうです。それを境に夫を観る眼が変わり、そして次第に夫が変わり夫婦生活が調和してきたそうです。
 
結婚生活においては、いつか五感の眼を越えた、心の眼でお互いの隠れた心の痛みや特質や美点を認め合う時が訪れます。これが「意識的な愛」であり「目覚めの愛」です
 
不調和な結婚生活や、破局を解決し調和に満たされた夫婦関係を創るには、「普通の愛」もしくは「惰性の愛」ではとても難しいのです。

 

NEXT

目次へ

 

201802ad

<script type=”text/javascript”>
google_ad_client = “ca-pub-2678395343119403”;
google_ad_slot = “9538215343”;
google_ad_width = 336;
google_ad_height = 280;
</script>
<!– 2018-2 –>
<script type=”text/javascript”
src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js”>
</script>


公開日:

201802ad

<script type=”text/javascript”>
google_ad_client = “ca-pub-2678395343119403”;
google_ad_slot = “9538215343”;
google_ad_width = 336;
google_ad_height = 280;
</script>
<!– 2018-2 –>
<script type=”text/javascript”
src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js”>
</script>

記事はありませんでした

→もっと見る

      • カテゴリーなし
    PAGE TOP ↑