*

24 結婚生活における二つの居場所

結婚生活で特に注意しなければならないのは、相手に寄りかかり過ぎないことです。私たちは、相手と一緒にいたいと思う反面、自由に一人でいたいと思う時もあるのです。
 
どちらをより求めるかは、大きく個人差があります。それは幼児期の親との関わり方によって違ってきます。
 
人にはこの二つの心が矛盾をはらんで存在していることを、よく理解しておく必要があります。自分はいつも一緒にいたいのに、彼(彼女)はなぜか避けているようだと感じたりすると、「本当は私を愛していないのじゃないだろうか」と悩み、沈み込んだりします。
 
さらには相手の愛を求めるあまりに、いつもべったりつきまとったりします。これは危険で逆効果を生むおそれがあります。
 
幼いときから母親などにべったりと取り込まれる中で育った人は、反射的に一人の居場所を求めています。こういう人は寄りかかられる恐怖から逃げ出したくなり、家庭以外に居場所を求めるようにもなりかねません。
 
本質的に人は束縛を最も嫌います。ですから例え夫婦といえども一人でいる場所が必要なのです。物理的な場所のことではありません。心の場所です。
 
そばに愛する人がいて、一人の世界に在ることは貴重なことなのです。
この二つの居場所をお互いに認めることが健康的な結婚生活と言えます

 

NEXT

目次へ

 

201802ad

<script type=”text/javascript”>
google_ad_client = “ca-pub-2678395343119403”;
google_ad_slot = “9538215343”;
google_ad_width = 336;
google_ad_height = 280;
</script>
<!– 2018-2 –>
<script type=”text/javascript”
src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js”>
</script>


公開日:

201802ad

<script type=”text/javascript”>
google_ad_client = “ca-pub-2678395343119403”;
google_ad_slot = “9538215343”;
google_ad_width = 336;
google_ad_height = 280;
</script>
<!– 2018-2 –>
<script type=”text/javascript”
src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js”>
</script>

記事はありませんでした

→もっと見る

      • カテゴリーなし
    PAGE TOP ↑