*

15 夫を過酷に批評することは禁物 結婚生活

男性は一見女性よりも強くたくましく見えますけども、内面では女性に対してはかなり弱いものなのです。
妻に対して表向き強がっていばっていましても、ちょっとした妻の冷たい態度や言葉で内心では気持がすぐにへしゃげてしまいます。
 
男性は女性からの評価にとても弱いのです。
妻から「ダメな人ね」という感じで言われると、とても傷つきます。多分、心に応えるのは妻が夫からけなされるより、妻にけなされる夫の方がズッと大きいように思えます。
 
女性はやさしいのですけど、心の力はなかなか強いのです。結婚生活における奥底に横たわる支配権は妻が持っていると言えるでしょう。
 
外目には男性がリードしているように見えますが、男性は妻が喜んでくれるととてもうれしく有頂天にもなりますが、妻から辛らつな批評でもされるとすぐペチャンコになります。ペチャンコになるくらいならまだしも、カッとなって心が荒れます。
 
それだけ妻の言葉には大きな力があるのです。
人は自分を基準にして言葉を発しますから、自分の言った言葉が相手にどれだけ影響を与えるかを正しくつかめないのです。
 
結婚生活での思わぬ感情の行き違いはこんなところからも生じます。
夫を最も傷つけるのは、妻の辛らつな批評や非難です。女性が結婚生活で一番気をつけなければならない点です
 
夫に何かを頼んだときでも「あなたどうしてやってくれないの。まったくダメな人ね」
という代わりに「ねえあなた、やってくださいよ。お願いね」と優しく繰り返し言う話し方のほうがはるかに効果的です。
 
女性らしいやさしい話し方で男性を支配するのはそう難しくはないのです。男性は女性の過酷な言葉にはひどく反応しますが、女性のやさしさや喜びにもとても反応するのです。
 
結婚生活の人間関係においては女性が支配権を持っています。ただそれを女性が自覚して上手に使うかどうかです

 

NEXT

目次へ

 

201802ad

<script type=”text/javascript”>
google_ad_client = “ca-pub-2678395343119403”;
google_ad_slot = “9538215343”;
google_ad_width = 336;
google_ad_height = 280;
</script>
<!– 2018-2 –>
<script type=”text/javascript”
src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js”>
</script>


公開日:

201802ad

<script type=”text/javascript”>
google_ad_client = “ca-pub-2678395343119403”;
google_ad_slot = “9538215343”;
google_ad_width = 336;
google_ad_height = 280;
</script>
<!– 2018-2 –>
<script type=”text/javascript”
src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js”>
</script>

記事はありませんでした

→もっと見る

      • カテゴリーなし
    PAGE TOP ↑