*

11 女性と女体の違い 結婚生活

今の時代、悲しいことに「女性の神秘的な美しさ」がどんどん失われていっているように思えます。女性の美しさは、優しさ、優美さ、奥ゆかしさであり、そうした内に秘めた雰囲気が人を魅きつけます。
 
特に女性の性的なものには、いっそう神秘的な美しさや魅力が漂います。
 
今日こうした神秘的とさえ言える女性の性が白日のもとにさらされ、こんな刺激をあたえればこんな収縮作用をおこすというような、女性を生理的機械にまで堕としめている風潮を感じます。これは女体であって女性ではありません
 
男女同じに性を解放しても、女性にとっては本来の神秘的な美しさが損なわれてしまう結果になります。女性の自覚が正しくないから自分を女性ではなく女体にしてしまうのではないでしょうか。人は肉体を超えた存在です。
 
女性がその魂ともいえる肉体を超えた生命を自覚したとき、神秘的は美しさを自分のものにすることが出来るのかも知れません。
 
 
結婚生活で女性が幸せになる秘訣は「あァこの人を幸せにしてあげたい」と夫から切に思われることです。女性が人として当然の権利のように性を享楽し、自らを女体にまで堕としめますと濁りのない幸せな結婚生活を手にするのは難しくなるような気がします。
 
男性は尊敬できる女性を妻にしたとき悦びや幸せを感じます。「この人を幸せにしてあげたい」という男性の思いが幸せな結婚生活を築いていきますが、中には無意識的破壊願望をもつ結婚生活もあるのです。そこまでいかなくても妻への愛情に濁りがあると、積極的な幸せな結婚生活を築くのに無意識的に抵抗します。
 
結婚という人間関係には夫と妻の全人格が色濃く影響し合います。
 
女性が清楚で奥ゆかしい魅力を失い、自らを女体としての生き方をしてきますと、その人を妻とした男性は向上心を失い惰性の生活に流されます

 

NEXT

目次へ

 

201802ad

<script type=”text/javascript”>
google_ad_client = “ca-pub-2678395343119403”;
google_ad_slot = “9538215343”;
google_ad_width = 336;
google_ad_height = 280;
</script>
<!– 2018-2 –>
<script type=”text/javascript”
src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js”>
</script>


公開日:

201802ad

<script type=”text/javascript”>
google_ad_client = “ca-pub-2678395343119403”;
google_ad_slot = “9538215343”;
google_ad_width = 336;
google_ad_height = 280;
</script>
<!– 2018-2 –>
<script type=”text/javascript”
src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js”>
</script>

記事はありませんでした

→もっと見る

      • カテゴリーなし
    PAGE TOP ↑