結婚披露宴 挨拶 主賓 来賓 安心感のスピーチレター 上司 友人 新郎父 新郎

結婚スピーチのまとめ方、ウエディング スピーチレター

1 互いに苦しめ合っている夫婦

夫婦が互いに苦しめ合っている結婚生活があります。
 
その夫婦の人間関係がさまざまな不調和を引き起こしているのでしょうが、ここでは二つの原因を考えてみます。
 
一般的に考えられる原因の一つは、二人の出会いから始まる恋愛のあり方にあります。
恋愛と一口に言いますけれど、その中身には大きな隔たりがあります。「あの人は私を愛してくれている」と言いますが、実はその「愛する」という中身がとても大切なのです。
 
「あなたが好きだ」と思う心のほんとうの姿は「あなたのカッコいいその身体が欲しい」
あるいは「あなたの社会的な立場が好きだ」「あなたの財産が好きだ」などという身勝手な欲望が「好き」という思いのなかに隠されているかもしれません。
 

これは「相手を奪いたい」という好きです。本当の「愛する」とは、”あなたのそのまま“”あなたそのものを愛する“というところまで思いが高まり、相手に献身するところの「与える愛」です。
 
そこのところをよく理解しないで「私は愛してもらっている」と誤解してしまって、誘惑にかかり、なりゆきで結婚した場合、往々にして苦しめ合っている結婚生活になります。
 
結婚しますと、恋愛中と異なり、自分がさらけ出ますから、「本当は愛されていなかった」ということに気づき、薄っぺらな愛にやりきれない思いがたまります。
そして復讐とも言える苦しめ合いの夫婦関係に変わっていきます

 
「愛する」という言葉は恋愛だか、性欲だか、物欲だかよくわからない内容を含んでいますのに、それを自分の都合のいいように解釈して「あの人は私を愛している」と考え、安易に結婚をして失敗するというような事にならないように気をつけることがとても大切です。
 
もう一つの原因は、自分のエゴを優先させようとする夫婦関係です。
「夫(妻)が自分の思うとおりになってくれたら」と思う心です。そして相手が自分の思うようにならないとジレッタクなり、不満を相手にぶつけてしまいます。よくあるパターンです。
 
これは相手を縛る心です。愛の原理に反します。この自分の都合を相手に押し付けるありかたが相手を苦しめ、同じ事が相手からも帰ってきます
 
結婚問題は、家庭の調和、不調和という姿で現われる、まさに掛け値なしの二人の心の姿です。
そうした苦しめ合いの結婚から解放されるためには、相手と自分は一体であるという愛の本来の姿を目指す必要があります
 
あの人が変わったら自分も変わるのに・・
では何も変わりません。自分が変われば相手も変わります。まさに結婚生活は人間関係の中でも高度な愛の実践の場と言えます。

 

NEXT

目次へ

 

投稿日:

執筆者:

ウエディング スピーチレター

 

ウエディング スピーチレター
★あなたは、挨拶の内容を書いたものを手に持っているだけで、どれだけ安心が得られるか考えたことありますか?

 

Profile

    • カテゴリーなし