*

1 男と女の理解の仕方・その違い


結婚生活への心構えとして、男と女の心の傷つきやすい部分は違う、ということをはっきりと理解しておく必要があります。
男と女の間にはさまざまなトラブルが起こります。そうしたトラブルの中でもどうしても理解しにくいものもあります。

 

「なぜこんなことであんな怒られ方をしなくちゃいけないんだろう?」と思ったことはありませんか。それは男性であること女性であることの特性をよく理解していないから理解出来ない場合もあるのです。

スポンサーリンク


男性も女性もともに自分を認められたいと思っています。でも思いは同じでもその中身にはかなりの違いがあります。男性は自分のどこを認められたいのでしょうか?

 

一般的に男性は自分の能力や男らしさを認められたいのです。そのために社会的地位などを強く求めると言われています。会社のなかで同期の中で自分だけ肩書きがつかないと大変な不安になります。その場合、昇給より肩書きの方にズッと価値を感じます。
つまり男性は社会から認められたいのです。社会から認められることで自分の存在意義を感じます。男性のプライドと弱点は実にここにあります。

 

女性は男性のここのところの気持の強さがよくわからないので、平気で「ダメな人ね!」とか「どうして出来ないの」などと言います。女性にしてはその場の感情をぶつけただけのつもりでも、言われた男性にとっては許しがたいほど傷ついている場合があります。

 

一方、女性は自分のどこを認められたいのでしょうか?
一般的に女性は自分の女らしさを認められたいのではないでしょうか。かわいいね、きれいねとか素適ねとかやさしい人ねとか、つまり男性から自分の女性らしさを認められることで、自分の存在意義を感じるのではないか思います。推測ですけど。
男性は自分があまり気にならないものだから、「おまえは色が黒いな」とか「鼻ペチャだな」とか簡単に言ってしまいます。女性の傷ついている大きさも知らないで。

 

人は自分の物差しで相手を見ますと、相手の反応が意にそぐわないと相手を悪く見て感情を波立たせます。人は自分ではありません。特に心が傷ついたり、感情的になる部分は、その人の生い立ちや性別により微妙にそして深く異なります。結婚生活に入りますと、恋人時代と異なり、
遠慮のない近しい間柄になりますので、心の深層にある生の感情や思いが出てきやすくなります。夫は妻に母との葛藤の部分を重ね、妻は夫に父との葛藤の部分を重ねたりします。

 

男と女のトラブルでは、ほとんどの人が相手の心が傷つくポイントがまったく違うことに気がついていないように思えます。この違いに気がつかないと、男と女という人間関係を理解することは到底出来ないのではないでしょうか。

 


NEXT

目次へ

 

201802ad

<script type=”text/javascript”>
google_ad_client = “ca-pub-2678395343119403”;
google_ad_slot = “9538215343”;
google_ad_width = 336;
google_ad_height = 280;
</script>
<!– 2018-2 –>
<script type=”text/javascript”
src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js”>
</script>


公開日:
最終更新日:2018/08/17

201802ad

<script type=”text/javascript”>
google_ad_client = “ca-pub-2678395343119403”;
google_ad_slot = “9538215343”;
google_ad_width = 336;
google_ad_height = 280;
</script>
<!– 2018-2 –>
<script type=”text/javascript”
src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js”>
</script>

記事はありませんでした

→もっと見る

      • カテゴリーなし
    PAGE TOP ↑